5時に逆流性食道炎は歯ブラシを1

pは頭が短くて狭い.短いため狭い小さい刷毛頭は口腔に回転することができて、歯の各部位(特に歯ぎしりが頬の側の側に近づく片側)、死角を殘しません.アメリカ歯科学会の提案、成人歯ブラシべき:ブラシの長さは約2.54~3.18センチ、幅約0.79~0.95センチ.

pは毛が硬軟て、ほどよいが中位.多くの人は、歯ブラシの材質が柔らかくなりやすいと思う人が多いと思います.実はさもなくば、軟毛歯ブラシで歯を磨く時力を身につけてよくない、ブラシは軽すぎると、口の中の食べ物の殘りかすや細菌を除去しにくくて、力を入れすぎ、歯ぐきが損傷、歯ブラシの使用寿命を短く.歯の清潔な効果は良いが、歯の摩耗とダメージも大きい.そのためには毛軟らかい硬度中等の歯ブラシを選択するように提案した.

刷毛尖処理.毛と毛は切断した後、円滑に処理されない場合、鋭く鋭い傷でダメージをもたらしやすい.ブラシを毛尖磨丸い臼はおじけづいて歯ブラシを防止します.このように傷つける、歯ぐきの保護の作用が強い.

「pは毛が毛を並べて合理的に並んで.アメリカ歯科協会の提案により、合理的な刷毛は2~4列、5~12ビームで.また、一般的には1束10~12ミリ、幅3~4ミリ、各ビームに一定の間隔があります.こんな時に歯磨きも有効クリア菌、また自分の洗いやすい歯ブラシ.

にしては、ASR設計、刷毛は一定の角度がある.一高い歯ブラシ、ブラシ柄なら握持便利、感覚を持つ快適、スリップ設計.また、歯ブラシハンドルは手と一緻べき、現在市場には直線型と角度型の2種類があります.臨床研究は、直線的に使用時、力を入れずに把握し、角度的には菌斑のクリアゾーンに到達することができた.一般ブラシとブラシ頭の角度は17度~20度で宜.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です