郷愁と随逆流性食道炎筆

Pは歳月にねばねば、去来に行って、すべての話すことはすべて非凡な平凡だ.叙事の方式は一日一日の.紅葉はまた赤くなり,やがて尾根のしわが見える.羊が草に来たのは、そうでなかった.春緑は今年の冬は寒くなりましたか.私の手は触りたくない、傷がついて、血が誰の人の夕日を赤く染めて.日、この余分な痛みはかゆくてかゆくてかゆくてない気がすることはできません.

私の夢はまだ故郷にいる.そこで私の夢は山水の田園の田園の、あの夕方帰るのはウシのウシは鳴らて音が澄んで音を曳きして、子供の前のの楽園の村の前の小川.お父さんはお母さんがまだ帰ってこないから、肯定的に違いない.彼らは夕方の余光を利用して急いで忙しいに、日は暗いやっと仕事をしていた.夕食は私が夢に入った前夜に.

記憶の中で故郷の朝は心地よい新鮮、子どもたちは自然に眠っている.そして、笑い声は田野を蕩ていた.昼間の時間は本当に短い!大人になって古くなったそれは夢,逆流性食道炎、やつれて長短まちまち.は贅沢の隙間からつきまとう不清不白戸惑う.

p郷愁は何?郷愁は幸福の破片で,パズルは何も持ってない.分離、歳月はロックがない.開け放しな部分、想いというのは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です