私は小虫300字の作文_私は小虫の300字の叙述文

 碁が囲碁マニア.球にはファンが.私はね、名は体を表すの小さな虫.

に金曜日に、トイレに行きたい、こっそりを一本万能初徴蔵服に、WCになった,早漏対策.

私はトイレに座っていて、熱心に見た万能出陣、時にぷりぷり怒ってののしって、顔の明のいやしい、明のないでき、ひそかに来て、油断に乗ずるを任に金童刺しして.時にを穆桂英採し、時に宋を手に汗を握る、時に感慨明るい銃易よけて、背中に目はない……海の本の中で浸るを省みず、トイレは臭いにおいがぷんぷんする、この時の僕はもう汗だくになった.

突然、私の手の中の本は1匹のトートになって歩きました、誰が私の本を歩きましたか?私は、お母さんはトラは顔を見て、腰を挿て、叱責:“トイレに何本を読んでいるの?ここは暑気あたりが大きくて体に気をつける.私は目を見開いて、本を読んで、母は違中と言われ、仕方なくトイレから出てきて.その時、私はやっと足がしびれて、立ってすべて困難があることを発見します.お母さんは歩いて行って、私はまたソワソワと本を取り上げて、こっそり部屋に滑り込んて、本を読んで本を読みました.

を見て、私は小虫だろう!

Pは、

はPは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です