炊けた豆乳を飲んで飲逆流性食道炎むことに気をつけています。

p>と<王さんは元磨豆乳栄養はもっと高くて
ダイエット薬,そこで買った大豆や手作り豆乳磨自分をおこす.朝の息子は急に学校へ行って出かけて、王さんは煮沸の豆乳を子供に早く飲んで、また1杯で子供には休みにならないように準備しました.その結果、子供は学校で吐き気、嘔吐、呼吸困難などの症状が現れ、中毒が重い、子供は最終的に救急のために帰ってきていない.

Pは炊け豆乳炊け.これも、料理の「偽沸き立っとも注意して.

p> <豆乳に含まれる豊富な栄養がない、食用煮た豆乳が出て、吐き気、嘔吐、腹痛や下痢などの症状、腹部膨満.生の大豆でトリプシン抑制因子、細胞凝着素、皂素などの物質、これらの有害物質が耐熱.通常、鍋豆乳が泡沸騰時、温度は80℃~90℃、この温度は、豆乳内の毒素を完全破壊することはできない.この時点では火力、豆乳があふれ、5~10分煮沸してから、有毒物質を徹底的に破壊することができる.また、栄養学者の研究は、豆乳は煮沸、煮た後、大豆蛋白質の栄養価もアップします.

適量のサポニン、抗老化、抗疲労効果が、サポニンも同様に1種の溶血剤、胃腸の粘膜を刺激,逆流性食道炎、吐き気、嘔吐、腹部膨満、めまいなどの中毒症状を訴え,深刻な脱水と電解質障害を引き起こすことができない、もし直ちに救助が命にかかわる.

P豆乳機は品質が優れている豆乳機を選択することができ、豆乳を飲むと、先に火を大火にし、さらに小さくして5分ほど煮沸て飲むことができる.