春の足跡

P春の足跡作文

春姫はしなやかな足どりで人間、春の足跡はありますか?大自然に溶け込んで生き生きとした春を探しに行こう!

p>の木を脱いで<おじいさんに着替えた旧詰めて、緑のドレス、またから抽枝、発芽準備を続け、人々のサービス.新生の大木は反り身立って、優しい風に吹かれて.大自然の中で育って緑の木を見て、私は分かりました:その靑々とした木に隠れて春の足跡.

1つの風が吹き抜けて、1株の心の中のすがすがしい香りが鼻をつくようにする.もとはかわいい花たちがそっと咲く、花たちは軽風風に揺れる柔らかい体の枝に従って.花の海に酔う私はすぐに目覚めて:あのちぎれちぎれは春の足跡を含んでいるのではないか.

カチカチカチカチというのは、ポタポタカチカチカチカチカチカチ.春雨の味を食べて、天然の泉の泉水のように甘い味を味わった.春雨の後に生長速度で特急の植物を見て、「春雨は「万物の雨ではないか」と、疑惑の同時に私も分かった:あの綿綿霧雨にも春の足跡がある.

一度も探して、見つけました:実は、大自然の中でたくさんの地方は春の足跡を含んで、実は春娘、私たちの週りに限り、私たちを観察で良いことは、きっと見つかる春の足跡!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です