指先の逆流性食道炎錯過、誰の心を降りしきるた

いつの歌を聞いても、もはや痕跡は消えない、いつの道は、もう過ぎていくでももない記憶が薄れ、いつ情、懐かし云淡风轻もないが、何人かの人は,逆流性食道炎、もはや想いは失ったニュースもない.歩いて、道は長く、人は多くなって,歩いて歩いて、道は長くなって、人が少なくなって、雪の感動の季節、振り返って、指先の逃し、誰の心を逃しましたか?

p>この騒動の<季節、総知らぬ間にわずらわさた思い、この同伴の季節、総知らぬ間に惹かれて涙、この快適な季節で、総知らぬ間に疲れた初心,バインドの季節、総知らぬ間に痛くなった想い.疲れた伶仃、切れた憂い、目覚めた二日酔い、思い起こした年、指を振り返ると、にっこりと笑う.

が舞う季節、別の心も、過去に舞う季節が、別の言葉、心の間から、慣れた季節の突然暖かい突然涼、もう慣れた心の傷、人情の寒かったり、暑かったりして、もう悲しむ、慣れた歳月の彫刻、恐れない、習慣を徐々になって強靱で、愁いを徐々になって無事.暇な時、1冊の本をおだてて、1杯のお茶、揺り椅子に座って、ものぐさの日光、静かな嘆の歳月のエンロン,媚薬.

が指を逃し、でもはとっくに運命付けるのに通って、舞う季節に心を引かれ、賞を酔わせる美しさ、私はこの季節、一緒に溶けて、溶けて心シェール.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です