冠状動脈心臓病の逆流性食道炎予防妙方冠状動脈疾患ハチミツ食療の注意事項

は最も容易に急死、心筋梗塞の1種の疾病が発生して、実は肥満型の老年人はすべてこの疾病の日常生活にわずらっしやすいですか?その早期にすべてどれらの病状がありますか?冠状動脈硬化症は日常の食事の上で注意することがありますどれらの注意の事項がありますか?今日は小さい編はみんなと一起きて具体的に治療の冠状動脈硬化症の食事療法を治療することを知ってそれぞれどれらがありますか?

p>に起きた<冠状動脈疾患病因、今日まではまだ完全につながるため何て直接間接的な要素と心臓病の様々な種類があるが、一般的には医学と高血圧、高脂血症、高付着血症、糖尿病、内分泌疾患や年齢にも密接な関係がある.

P以下は、冠状動脈硬化症のはちみつを治療するP1、蜂蜜のイチョウ粉:蜂蜜は100 g、イチョウの粉あるいはイチョウの葉粉は50 g.いちょう粉に蜂蜜の中には、毎回10度、日服3度、15日は,1つのコースとして、3度、3度,3度、3度.

に、蜂蜜鮮スモモ:ハチミツ30 g、鮮スモモ50 早漏防止精力剤 g.新鮮なスモモ、水ソテー20分、おから汁、人の蜂蜜の後に煮沸、火には、火の.これは1日量、2回に分けて.

さん、蜂蜜靑柿:ハチミツ2ks、七熟した柿1 kg.まず靑柿の蔕と柄を取り除いて、柿を千切りに捣烂――――そして汁を搾って、最後になんと鍋の中で少し強火炒め、まず、とろ火切り替え、最後にハチミツ熬から濃い稠、瓶で予備冷却した後で、毎日1スプーン、日服に三回、お湯で衝服食用.

よんしよ、蜂蜜首乌丹参スープ:ハチミツ、首乌,逆流性食道炎、丹参各25 g.まず首乌、丹参用水煎茶、かすへ行って汁を取って、ハチミツを入れて攪拌したって.3回服用し、毎日1剤.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です