逆流性食道炎を引き起こした原因は

逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、そこにとどまるために、食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じる病気です。逆流性食道炎はどのような原因で生じるのでしょうか。

脂肪の多い食事、食べ過ぎ
脂肪分のとりすぎや食べ過ぎによって、何も食べていない時に下部食道括約筋がゆるみ、胃液が食道に逆流してしまうことがあります。 脂肪の多い食事をとった時に十二指腸から分泌されるコレシストキニンというホルモンの働きや、たくさんの食事で胃が引き伸ばされることで、下部食道括約筋がゆるむと考えられています。

食道や胃の蠕動運動の低下
食道へ逆流してきた胃液を胃に送り込むのが遅れ、食道内にとどまる時間が長くなったり、胃炎や胃漬瘍などによって胃の働きが弱まり食物が長時間とどまるようになると起こりやすくなります。

ストレスが溜まる
単純にストレスが溜まると、胃酸過多の状態になります。そして、食道の粘膜が胃液で傷付かない様、胃液が食道に逆流しない様にしている器官の能力も、ストレスによって低下してしまいます。

加齢による影響
胃の中の酸の分は少なくなる高齢者ですが、肝心の胃と食道の間の筋肉が弱まることで逆流しやすい環境になっていることが原因です。また、食道そのものの動きも悪くなっているため、本来の機能が失われているのにもかかわらず、気にも留めないで、よく食べたり、お酒を飲むことで酸が逆流してしまうということなります。

☟女性にオススメ情報

  • 紅蜘蛛の通販
  • レビトラは勃起を促進するのではなく、男性性機能の障害を改善し、正常の勃起を促し、自然の刺激で勃起するということです。