逆流性食道炎の病因

逆流性食道炎の病因

逆流性食道炎を引き起こす原因は何ですか? 次にすぐみんなに下逆流性食道炎の病因について簡単にご紹介しております。

逆流性食道炎の病因(1)食道の胃の所に接続している解剖と生理状と逆流防壁の破壊を防ぎます。

食道の胃の所に接続している逆流防壁はまた第1逆流スクリーンとも言われます。そのうち、もっとも重要的な構造は食道下端括約筋です。 モルヒネと脂肪。 アルコール。 カフェインと喫煙などの薬物と食べ物は何でも良い影響のLESの機能を影響し、GERを誘発します。 また、妊娠している期間で、口内的に黄体ホルモン避妊薬期日と月経周期後期を含んで、血漿黄体ホルモンのレベルは高まり、GERの発生率は互いに同じく増えています。

逆流性食道炎の病因(2)食道の酸は機能を除く障害

正常な食道の酸は機能を除き清める機能は食道排空と唾液中和の両部分です。 酸性は胃内の容物を逆流するとき、1~2回(約10~15秒です)食道の継発している性内内に蠕動的にすぐにほとんどある逆流の物を空けることを並べることができるだけでよいです。 食道粘膜に巣内の少量の酸っぱい液に落ち込んで唾に中和されることができるものを残留します。 食道の酸が除き清められる機能は食道粘膜を減らすことができ、胃酸の中の期限を浸漬して、したがって逆流食道炎を防止する役割があります。 多くの研究によりますと、ほとんどの食道の異常は道に炎症を起こすことと発見されます。それに、唾液分泌量の減少により食道炎を減らすことは珍しいことです。

逆流性食道炎の病因(3)食道粘膜、逆流防壁機能の損害

食道粘膜は逆流の防壁機能を防ぐ次のような要素から組み合います。① 皮で前に出る要素はかねてから粘液の階を含めるので、膜表面のHCO-3の濃度を貼ります; ② 皮要素に上がって上皮細胞の膜と細胞間の接続構造および、上の皮輸送を含めます。 細胞内的に緩衝液、 細胞代謝などの機能も含まれます; ③ 皮後要素に上がって組織した内基礎の酸っぱい状態と血の供えた情況を指すことを結びます。 上記の保護バリアに損傷することを受けてたら、正常な逆流情況にしても、食道の炎症を発生させることができます。 研究によりますと、食道上皮細胞の能力の増生と修復能力の弱まりは逆流性食道炎の生まれにとっては重要な原因の一つであることと発見されます。

☟漢方薬の情報