逆流性食道炎の改善方法

逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、そこにとどまるために、食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じる病気です。逆流性食道炎は昔、中高年の人によく見られた病気なのですが、最近では20~30代の若い患者さんも増えてきています。

逆流性食道炎の原因について、通常、逆流性食道炎はストレス、食事、肥満、加齢、姿勢に関係があります。逆流性食道炎の症状というと、ご飯を食べた直後に吐き気をもよおしたり、ベッドで横になるだけですっぱい胃酸が上がってくるなど、いろいろと不快な症状を感じてしまうんです。他には、逆流性食道炎になると、胸焼け、胃もたれ、胸や胃の痛み、「うぷっ」と胃酸が上がってくる感じ、吐き気、げっぷ、喉の違和感、慢性的な咳(せき)などを伴う場合もあります。

逆流性食道炎の改善方法なら、逆流性食道炎は発症しやすい人と発症し難い人がいます。多くは生活習慣の違いなのですが、そこを改善することで症状を鎮めたり予防できたりします。肉類中心の食生活も脂質中心と同じく逆流性食道炎を引き起こす原因になります。肉類などのタンパク質は消化するのに時間がかかり、胃の中に長く留まってしまいます。そのために胃液の分泌の活発で、逆流してしまうリスクが向上します。それで、肉類中心の食事を控えることは逆流性食道炎の改善にいい効果があります。また、ひどい場合、胃薬を服用することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です