逆流性食道炎の原因とは何でしょうか?

逆流性食道炎とはどんな病気でしょうか。当サイトは逆流性食道炎の原因などについてご紹介いたします。病気の治療は原因を究明するのが重要ですので、ぜひ当サイトを通じて、逆流性食道炎の原因についてよく了解しましょう。

逆流性食道炎とは、胃から上がってきた胃酸が食道を荒らし、炎症や腫瘍を発生させる病気のことです。この逆流性食道炎になると、ご飯を食べた直後に吐き気をもよおしたり、ベッドで横になるだけですっぱい胃酸が上がってくるなど、いろいろと不快な症状を感じてしまうんです。

逆流性食道炎の症状は、主に胸焼け、吐き気、呑酸(どんさん)、のどの違和感、声がれなどがあります。また、胸に痛身を感じることがあります。

実は、逆流性食道炎を起こす一番重要な原因とは、ストレスです。強いストレスは、胃炎や胃潰瘍、下痢、便秘、腹痛など、胃腸のさまざまな病気の原因になりますが、食道も例外ではなく、逆流性食道炎の症状を悪化させます。ストレスによって、食道への胃液の逆流が起こりやすくなるわけではありませんが、ストレスは、食道粘膜の胃酸に対する感受性を高めてしまうのです。

解決方法と言えば、しっかり睡眠を取ってください。睡眠不足で、脳や体に疲れがたまると、仕事でミスが増えたり、精神的に不安定になったり、体調を崩したりするなど、ストレスを増やすことになります。また、筋弛緩法も大事な治療対策です。簡単にできるリラクゼーション方法に、「筋弛緩法」というものがあります。私たちの体は、ストレスを感じると、無意識に筋肉が緊張して体がこわばり、リラックスしているときは、自然に筋肉がゆるんで、体の力が抜けているものです。

☟もっと知りたい情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です