逆流性食道炎に良い食べ物について

逆流性食道炎の治療方法にはいろいろな方法がありますが、食事療法は一番効果が高いとされます。日々の食事を改善するだけで、かなり逆流性食道炎の症状は軽減する可能性があります。

では、逆流性食道炎を起こしやすい食べ物にはどんなものがありますか?

ここでは、最もおススメなのは天婦羅やコロッケなどと言った揚げ物です。

脂肪分を摂取するときに働くホルモンの影響で、逆食が起こりやすくなります。また、カレーやトウガラシなどといった香辛料がすごくたくさん入った食べ物、チョコレートやケーキなどといった糖分が多い菓子類、カフェインの多いコーヒーやお茶、レモンやオレンジなどと言った柑橘類もよくないでしょう。もちろん、アルコールなども含まれます。

以上のように見てみれば、逆食に悪い食べ物は結構あるものです。

食べることは、人間に取って大きな楽しみの一つ。ちょっとがっかりしてしまいますよね。でも、逆流性食道炎でも食べていい食べ物も多くあるので、安心して下さいね。

逆流性食道炎を改善するための食べ物の基本は、肉を減らし、野菜中心の食事にすること。
特に、豚肉や牛肉は脂肪分が多く消化しにくいので、如何しても肉が食べたいときは鶏肉を食べましょう。

また、EPAをたくさん含有する食品、いわし、あじ、かつお、まぐろの赤身、さけなどもお勧めですよ。
ほかに、消化のよい白身魚や、消化を助ける大根、長いも、蕪、豆腐やバナナ、りんごなんかもよいのでしょうか。

糖分、脂肪分、刺激ものなどが少なく、胃にやさしい食べ物を積極的に食べましょう。

ところで、食べすぎは厳禁です。胃にやさしい食べ物でも、食べすぎてしまっては本末転倒です。腹八分目を厳守し、急がずゆっくり、そして、楽しく食事をするようにした方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です